2017.4.20 20:20

競歩男子20キロ代表の高橋、目標は「8位入賞」/陸上

競歩男子20キロ代表の高橋、目標は「8位入賞」/陸上

世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝=東京都内のホテル

世界選手権競歩代表に選ばれ、ポーズをとる(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝=東京都内のホテル【拡大】

 日本陸連は20日、世界選手権(8月、ロンドン)競歩代表を発表。20キロは男女ともリオ五輪代表勢が占めた。男子は7位入賞した松永大介、高橋英輝(ともに富士通)、藤沢勇(ALSOK)、女子は岡田久美子(ビックカメラ)に決まった。補欠は男子20キロの山西利和(京大)のみ、選出された。

 2月の日本選手権で3連覇を果たし、2大会連続の代表に選ばれた男子20キロの高橋は目標を問われると「1時間20分0秒で8位入賞」と力強く答えた。

 2年前の北京大会は47位、昨夏のリオ五輪では42位に沈んだ。「リオでは準備の段階での不安が本番に出た。気持ちの部分」と大舞台での反省を語る。技術的な課題はラスト5キロ。「リズムやペースを変えてもフォームが変わらない練習をしていきたい」と終盤の競り合いをイメージした。

今、あなたにオススメ
Recommended by