2017.4.4 16:53(1/2ページ)

帰国の羽生、五輪2連覇へ「自分の演技をどれだけ突き詰められるか」/フィギュア

帰国の羽生、五輪2連覇へ「自分の演技をどれだけ突き詰められるか」/フィギュア

世界選手権から帰国し、会見で金メダルを見せる羽生結弦=羽田空港(撮影・今野顕)

世界選手権から帰国し、会見で金メダルを見せる羽生結弦=羽田空港(撮影・今野顕)【拡大】

 2日に閉幕したフィギュアスケート世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)の男子で、自身3季ぶり2度目の優勝を果たした羽生結弦(22)=ANA=が4日、全日空便で羽田空港に帰国。来年の平昌五輪での連覇へ向けて「自分の演技をどれだけ突き詰められるか」と、技術を磨き上げていく考えを示した。

 空港の到着口前には、ファンなど約500人が列をなして待ち構えていた。到着した羽生が歩くにつれ、列から「ゆづ~、おめでとう」といった歓迎の言葉が贈られた。

 「何か(ソチ)五輪の後(の帰国時)をほうふつさせる長い列で迎えてくださって、気持ちよく帰国できました」。羽生が感謝の言葉を述べた。

 世界選手権では、SPでジャンプのミスなどにより5位と出遅れたものの、フリーでは完璧な演技で223.20点と、自身の世界最高得点記録を更新。大逆転で優勝を果たした。

 今季は、12月のグランプリファイナルで男女を通じて史上初となる4連覇を達成したが、インフルエンザのため5連覇が懸かっていた全日本選手権は欠場。復帰戦の四大陸選手権(2月)でも2位と、優勝を逃した。

 「苦しいシーズンでした。それでも、世界選手権という舞台で(フリーでは)演技を完成させ、非常にレベルの高い試合の中で優勝できた。試合中に成長できた部分がたくさんあったと思う」と強い手応えを得た。

【続きを読む】

  • 世界選手権から帰国し、会見で笑顔の羽生結弦=羽田空港(撮影・今野顕)
  • 世界選手権から帰国し、会見で花束をもらう羽生結弦=羽田空港(撮影・今野顕)
  • 世界選手権から帰国した羽生結弦。たくさんのファンの出迎えを受ける=羽田空港(撮影・今野顕)
今、あなたにオススメ
Recommended by