2017.4.1 20:54(1/2ページ)

羽生、SP5位から大逆転V!フリー世界歴代最高223・20点で3季ぶり世界王者に 宇野2位、フェルナンデス4位/フィギュア

羽生、SP5位から大逆転V!フリー世界歴代最高223・20点で3季ぶり世界王者に 宇野2位、フェルナンデス4位/フィギュア

特集:
宇野昌磨
羽生結弦
男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)

男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・世界選手権最終日(1日、フィンランド・ヘルシンキ)来年の平昌五輪の国・地域別出場枠をかけて行われ、ショートプログラム(SP)5位の羽生結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高を更新する223・20点で合計321・59点をマーク。3季ぶり2度目の優勝を飾った。

 SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー自己ベスト214・45点の合計319・31点で2位、3連覇を目指したSP首位のハビエル・フェルナンデス(25)=スペイン=は合計301・19点で4位だった。田中刑事(22)=倉敷芸術科学大大学院=は222・34点で19位だった。

 19番目に滑走した羽生は冒頭の4回転ループを決めると、SPで失敗した4回転サルコーも着氷。4回転サルコー-3回転トーループ、4回転トーループと4度の4回転を完ぺきに成功させ、演技後に両手を広げた。

 世界選手権では金メダルに輝いたソチ五輪のシーズンに初優勝した後、2大会続けて2位と悔しさを味わってきた。2月の四大陸選手権では4回転ループを含め、フリーで自身初となる4度の4回転を成功させたが、結果は5度の4回転を跳んだネイサン・チェン(17)=米国=に敗れて2位。新たなライバルの出現で闘志に火が付いた。

羽生結弦の話「疲れた。でも、演技内容を忘れるぐらい、一つ一つ集中して一生懸命やれた。殻をちょっと(破れた)。最高のご褒美。SPが終わった後、立ち直れないぐらい落ちこんだ。チームやファンの方が信じてくれたことが、この演技につながった」

【続きを読む】

  • 男子フリーの演技を終え、ガッツポーズする羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーの演技後、ガッツポーズする羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技を終えた羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーの演技後に、得点を確認し喜ぶ羽生結弦=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する宇野昌磨=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する宇野昌磨=ヘルシンキ(共同)
  • 男子フリーで演技する宇野昌磨=ヘルシンキ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by