2017.3.29 22:25

日本女子、平昌五輪3枠確保ピンチ!樋口9位&本郷12位&三原15位 メドベージェワが首位発進/フィギュア

日本女子、平昌五輪3枠確保ピンチ!樋口9位&本郷12位&三原15位 メドベージェワが首位発進/フィギュア

女子SPのジャンプで転倒した三原舞依=ヘルシンキ(共同)

女子SPのジャンプで転倒した三原舞依=ヘルシンキ(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・世界選手権(29日、フィンランド・ヘルシンキ)来年の平昌五輪の国・地域別出場枠をかけた大会が開幕。37人が出場した女子ショートプログラム(SP)で、日本勢は樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が65・87点で9位、本郷理華(20)=邦和スポーツランド=が62・55点で12位、2月の四大陸選手権女王の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=が59・59点で15位だった。全日本選手権3連覇の宮原知子(19)=関大=は左股関節のけがで欠場した。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17)=ロシア=が79・01点で首位に立った。フリーは31日に行われる。

 2006年トリノ五輪から続く3枠の確保へ暗雲が垂れこめた。ソチ五輪の翌シーズン以降の日本女子でトップ選手が集うグランプリ・ファイナルと世界選手権で表彰台に立てているのは宮原だけだった。エースをけがで欠き、3枠獲得は経験の少ない若手の奮起に託されたが、期待された三原が3回転フリップが2回転になったうえ転倒。得点を伸ばせなかった。

 日本女子は今大会で上位2人の順位合計が「13以内」なら五輪で最大の3枠、「14~28」なら2枠を獲得する。昨年の世界選手権で男子は女子は宮原が5位、浅田真央(26)=中京大=が7位となり、合計「13以内」で今大会の出場枠3を確保していた。

三原舞依の話「あまり感じたことのない緊張を感じた。(ミスが出た)最後のフリップは跳び急いだのが原因。初めての世界選手権で五輪枠が懸かる大切な大会。自分の感じていないところで深く考えすぎた部分があると思う」

樋口新葉の話「ミスのない演技をしようと強く思っていた。大きい大会でうまく調整ができていた。ほっとしている。スピンで(最高難度の)レベルが取れずに65点だったが、自分の中で精いっぱいの演技。良かった」

本郷理華の話「自分の表現したいものがしっかりと表現できた。もっと良くなるところはあると思うけど、ほっとしている。(フリーは)去年もすごく楽しかったと思える演技ができたので、楽しんで演技ができたらいい」

小林芳子・日本スケート連盟フィギュア強化部長の話「(五輪出場枠3確保へ)本当に厳しい。思わぬ展開。フリーは総力戦で、何とかみんなが順位を上げるしかない」

エフゲニア・メドベージェワの話「ノーミスの演技ができたので満足している。(連覇は)考えたことがない。私にとって重要なのは、私ができることを見せること」

  • 女子SPのジャンプでバランスを崩した三原舞依=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPの演技を終え、悔しがる三原舞依=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技する三原舞依=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPの演技を終え、引き揚げる三原舞依=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPの演技を終え、笑顔でスタンドの歓声に応える樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技する樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技する樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPの演技を終え、観客の声援に応える樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技する樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技する樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで演技するエフゲニア・メドベージェワ=ヘルシンキ(共同)
  • 女子SPで首位のエフゲニア・メドベージェワ=ヘルシンキ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by