2017.3.29 11:36

東京五輪へ、マラソンで選考大会…前年秋にも男女各2人決定

東京五輪へ、マラソンで選考大会…前年秋にも男女各2人決定

 2020年東京五輪マラソンに向け、日本陸上競技連盟が19年秋以降に開く選考大会で男女上位各2人を代表に決める新方式を導入する方向で調整していることが29日、分かった。残る1枠は19年秋から20年春までの国内指定大会で日本陸連の設定記録を突破した中で、最高のタイムを出した選手に決める。複数レースの成績を比較する従来方式から大幅な転換となり、選考の透明化が期待できる。

 4月中旬にも開く臨時理事会で決める。今夏から19年春までの指定大会で日本陸連が求めるタイム、順位をクリアした選手が選考大会の出場権を得る2段階選考とする。低迷脱出に向けて中長期的にマラソンに軸足を置いた取り組みを促し、安定性と勝負強さを求める狙いがある。過去の例から、1度好走しただけでは五輪で活躍することは難しいと判断し、本番前に2度は好成績を残すことを課した。

 3人目の代表争いで、設定記録の突破者が出なかった場合は選考大会の3位に決まる。

今、あなたにオススメ
Recommended by