2017.3.23 15:45

リオ7位の松永らが東洋大卒業「負ける悔しさを学んだ」/陸上

リオ7位の松永らが東洋大卒業「負ける悔しさを学んだ」/陸上

東洋大の卒業式に出席した陸上の松永大介(右)と服部弾馬。左は酒井俊幸監督=東京都千代田区

東洋大の卒業式に出席した陸上の松永大介(右)と服部弾馬。左は酒井俊幸監督=東京都千代田区【拡大】

 リオデジャネイロ五輪で陸上男子20キロ競歩7位入賞の松永大介が23日、東京都内で行われた東洋大の卒業式に出席し「いろんな人がサポートしてくれた。負ける悔しさを一番学んだ」と4年間を感慨深げに振り返った。強豪の富士通で競技を続ける。今夏の世界選手権代表にも決まっており「メダルを意識したい」と意気込んだ。

 駅伝で活躍した服部弾馬も卒業。トーエネックに入社し、5000メートルで世界選手権を目指す意向で「(松永と)一緒に出ようと約束した。守れるように結果を出したい」と力強く話した。

 リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介は海外合宿中のため欠席した。

今、あなたにオススメ
Recommended by