2017.3.21 20:19

10勝の高安、来場所大関とりへ 八角理事長「終盤の5日間が大事になる」/春場所

10勝の高安、来場所大関とりへ 八角理事長「終盤の5日間が大事になる」/春場所

貴ノ岩をはたきこみで下す高安=エディオンアリーナ大阪(撮影・高井良治)

貴ノ岩をはたきこみで下す高安=エディオンアリーナ大阪(撮影・高井良治)【拡大】

 大相撲春場所10日目(21日、エディオンアリーナ大阪)関脇の高安が無傷で10勝目を挙げ、先場所の11勝に続く2桁勝利で、5月の夏場所は2度目の大関とりに挑むことになった。

 貴ノ岩の左変化の奇襲をしっかり残し、慌てて攻めてきた相手をはたき込む冷静さがあった。兄弟子の稀勢の里とトップに並ぶ優勝争いについて「意識しながら、リラックスしてやる。気持ちよく毎日過ごせるようにする」と上機嫌だった。

 昇進問題を預かる日本相撲協会審判部の藤島副部長(元大関武双山)は「来場所はそういう話(大関とり)になる。いい内容ですよ。余裕がある」と述べた。八角理事長(元横綱北勝海)は「大関は近い。(終盤の)5日間が大事になる」とさらなる奮起を求めた。

10日目結果へ11日目取組へ

今、あなたにオススメ
Recommended by