2017.3.21 19:51

稀勢、“弟弟子”高安と並走に「いいんじゃないの」/春場所

稀勢、“弟弟子”高安と並走に「いいんじゃないの」/春場所

特集:
稀勢の里
玉鷲を寄り切りで下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)

玉鷲を寄り切りで下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 大相撲春場所10日目(21日、エディオンアリーナ大阪)稀勢の里は堂々の10連勝。7場所連続2桁勝利の安定感に「集中してやれている。一番一番、毎日毎日やるだけだ」と風格を漂わせた。

 出番前の支度部屋から付け人を相手に何度も右張り差しを確認。立ち合いで玉鷲を右で強烈に張って左四つとなり、落ち着いて寄り切った。「いろいろなことがあるからね」とうなずいた。

 新横綱として初日からの10連勝は玉の海、先代師匠の隆の里、旭富士に次いで4人目(15日制定着の1949年夏場所以降)。弟弟子の高安と並走する展開にも「いいんじゃないの。しっかりとまた明日だ」と厳しい表情で言い切った。

10日目結果へ11日目取組へ

  • 玉鷲を寄り切りで下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 貴ノ岩をはたきこみで下す高安=エディオンアリーナ大阪(撮影・高井良治)
今、あなたにオススメ
Recommended by