2017.3.20 04:02

1年生の阿部詩、“貫禄”の初V「ホッとした」/柔道

1年生の阿部詩、“貫禄”の初V「ホッとした」/柔道

【全国高等学校柔道選手権大会】女子52Kg級4回戦で中村愛香莉を関節技で固める阿部詩(撮影・今野顕)

【全国高等学校柔道選手権大会】女子52Kg級4回戦で中村愛香莉を関節技で固める阿部詩(撮影・今野顕)【拡大】

 柔道・全国高校選手権第1日(19日、東京・日本武道館)個人戦男女計10階級を行い、女子52キロ級では2月のグランプリ・デュッセルドルフ大会を制した阿部詩(16)=兵庫・夙川学院1年=が初制覇。5試合のうち4試合で一本勝ちと実力を示した。同無差別級でも、同大会3位の素根輝(16)=福岡・南筑1年=が初優勝した。20日には男女の団体戦が行われる。

 女子52キロ級を制した阿部は「ホッとしています」。シニアの国際大会を制し、「高校生には負けられない」と前夜から緊張していたという。2回戦から登場し初戦は「体が硬くて怖かった」が、昨夏から磨いてきた寝技で4回戦まで一本勝ち。決勝は開始21秒、得意の袖釣り込み腰で鮮やかに一本を奪い、胸を張った。世界選手権代表最終選考会の全日本選抜体重別(4月1~2日、福岡)へ「気持ちを詰められるように準備したい」と意気込んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by