2017.3.18 23:29

NECは脇役も活躍!守りの要の近江、攻撃でも16点と奮闘/バレー

NECは脇役も活躍!守りの要の近江、攻撃でも16点と奮闘/バレー

久光製薬を破り優勝を決め、喜ぶNECの選手たち=東京体育館

久光製薬を破り優勝を決め、喜ぶNECの選手たち=東京体育館【拡大】

 バレーボールのプレミアリーグ決勝は18日、東京体育館で行われ、女子第2戦はNECが久光製薬に3-2で競り勝って2勝とし、2季ぶり6度目の優勝を果たした。

 NECは脇役も輝きを放った。古賀とともに守りの要の近江は攻撃でも16点と奮闘。171センチと小柄なアタッカーは「今シーズンはオフェンス面でも成長できた」と胸を張り「このメンバーで歴史を刻むことができて本当に価値ある優勝」と喜びに浸った。

 セッターの山口は多彩な組み立てが光った。急成長した司令塔は「2日間フルセットで(相手と)意地を出し合った試合」と充実感を口にし「シーズンを通して、少しずつトスに安定感が出てきた」と手応えをにじませた。

今、あなたにオススメ
Recommended by