2017.3.17 18:11

稀勢の里は全勝キープ 鶴竜は松鳳山に敗れ2敗目/春場所

稀勢の里は全勝キープ 鶴竜は松鳳山に敗れ2敗目/春場所

寄り切りで宝富士を下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)

寄り切りで宝富士を下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 大相撲春場所6日目(17日、エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里(30)は平幕宝富士(29)を寄り切り、全勝キープした。横綱日馬富士(32)は平幕嘉風を引き落として4勝2敗。関脇高安(27)は4度目のかど番大関、照ノ富士を押し出しで破り、無敗同士の一戦を制して6連勝とした。横綱鶴竜(31)は平幕松鳳山に突き出しで敗れ、4勝2敗となった。

 大関豪栄道(30)は「右足関節外側靱帯損傷で約5週間の加療を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場。対戦が組まれていた関脇玉鷲(32)は不戦勝となった。豪栄道は再出場しない見通しで、夏場所は5度目のかど番となる。

 鶴竜に12度目の挑戦で初金星を挙げた松鳳山は「うれしいですね。いつも突っ張られて横に動かれて、焦らされていたので今日は良かった。明日からも思いきって立ち当たって手を伸ばすことだけを考えて頑張ります」と充実の表情だった。

 全勝は稀勢の里、高安、栃煌山の3人となった。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「稀勢の里は踏み込んでいるから、自分の一番いい形になる。集中力もある。いい緊張感があるんじゃないか。鶴竜は負け方が悪い。まだまだ(優勝争いが)どうなるか分からない。粘り強くいくことだ」

6日目結果へ7日目取組へ

  • 寄り切りで宝富士を下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 寄り切りで宝富士を下した稀勢の里=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 突き出しで鶴竜を破った松鳳山=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 支度部屋で両手を上げる松鳳山=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 引き落としで嘉風を下した日馬富士=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・林俊志)
  • 引き落としで嘉風を下した日馬富士=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・林俊志)
  • 押し出しで照ノ富士を破った高安=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 押し出しで照ノ富士を破った高安(左)=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 照ノ富士を攻める高安(右)=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・林俊志)
  • 寄り切りで御嶽海を下した琴奨菊=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・林俊志)
今、あなたにオススメ
Recommended by