2017.3.12 17:29

桑原、力の差を実感「もっと走らないといけない」/マラソン

桑原、力の差を実感「もっと走らないといけない」/マラソン

 名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着)世界選手権(8月、ロンドン)代表の最終選考会を兼ねて行われ、初マラソンとして臨んだ安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が、日本歴代4位の好記録となる2時間21分36秒で2位に入った。ユニスジェプキルイ・キルワ(32)=バーレーン=が2時間21分17秒(いずれの記録も速報値)で3連覇した。

 日本勢で3番目となる4位に入った桑原は後半に入ってもペースを崩さず、安定した走りを見せた。それでも上位との差に「力がまだないと実感した大会だった」と納得いかない様子だった。序盤から先頭に付くことなく、第2集団でレースを展開。前から落ちてきた選手を抜く作戦だったが、予想以上に上位が速かったという。

 安藤や清田に比べ、練習不足を感じたそうで「もっと走らないといけない」と反省した。

今、あなたにオススメ
Recommended by