2017.3.12 11:30

安藤、2時間21分36秒で2位!日本女子歴代4位&初マラソン日本女子最高記録で世界選手権代表に決定

安藤、2時間21分36秒で2位!日本女子歴代4位&初マラソン日本女子最高記録で世界選手権代表に決定

日本勢トップの2位でゴールし、コーチに迎えられる安藤友香=ナゴヤドーム

日本勢トップの2位でゴールし、コーチに迎えられる安藤友香=ナゴヤドーム【拡大】

 名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着) 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)代表最終選考会を兼ねて行われ、安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が日本歴代4位で初マラソン日本女子最高となる2時間21分36秒で2位に入り、日本陸連の派遣設定記録を突破し、代表に決まった。ユニスジェプキルイ・キルワ(32)=バーレーン=が2時間21分17秒で3連覇を飾った。(タイムは速報値)

 世界選手権女子マラソン代表枠は最大3。昨年11月のさいたま国際、今年1月の大阪国際、今回の名古屋ウィメンズで日本人1位となり、昨年1月1日から選考会終了までに派遣設定記録の2時間22分30秒以内をマークした選手が自動的に代表となる。大阪国際では2012年ロンドン五輪代表で重友梨佐(29)=天満屋=が2時間24分22秒で優勝し、代表入りに前進した。

1キロ   ペースメーカーを先頭に3分22秒で通過。

5キロ  先頭が16分50秒で通過。キルワを中心に大会レコードを目指したハイペースで展開。清田、初マラソンの安藤友香(22)=スズキ浜松AC=がつける。

7キロ  第2集団で岩出が遅れ始める。

9キロ  先頭のペースが上がり、清田が遅れ始めるが、再び追いつく。

10キロ 先頭が33分14秒で通過。キルワを中心にハイペースになる。

15キロ 先頭が50分4秒で通過。

18キロ 先頭集団から清田が遅れ始める。

20キロ 先頭が1時間6分44秒で通過。

中間点  先頭が1時間10分21秒で通過。ペースメーカーが離れ、キルワと安藤の一騎打ちに。

25キロ 先頭が1時間23分46秒で通過。

30キロ 先頭が1時間40分41秒で通過。

33キロ キルワがペースを上げ、安藤が遅れ始める。

35キロ キルワが1時間57分21秒で通過。安藤が7秒差で続く。

40キロ キルワが2時間13分57秒で通過。安藤が18秒差で続く。

  • 2時間21分36秒で日本勢トップの2位でゴールする安藤友香=ナゴヤドーム
  • 日本勢トップの2位でゴールし、コーチに迎えられる安藤友香=ナゴヤドーム
  • 25キロすぎでトップを争う安藤友香(左)とユニスジェプキルイ・キルワ=名古屋市
  • 2時間21分36秒で日本勢トップの2位でゴールする安藤友香=ナゴヤドーム
  • 25キロ付近でトップを争う安藤友香(左)とユニスジェプキルイ・キルワ=名古屋市
  • 日本勢トップの2位でゴールし、声援に応える安藤友香=ナゴヤドーム
  • 日本勢トップの2時間21分36秒でゴールし、笑顔の安藤友香=ナゴヤドーム
  • 名古屋ウィメンズマラソンでスタートする大勢のランナー=名古屋市のナゴヤドーム周辺
今、あなたにオススメ
Recommended by