2017.3.10 17:09

清田、派遣設定記録が目標「最後の最後まで粘りたい」/陸上

清田、派遣設定記録が目標「最後の最後まで粘りたい」/陸上

名古屋ウィメンズマラソンを前に記者会見でポーズをとる清田真央(左)と岩出玲亜=名古屋市内のホテル

名古屋ウィメンズマラソンを前に記者会見でポーズをとる清田真央(左)と岩出玲亜=名古屋市内のホテル【拡大】

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)代表の最終選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着)の招待選手が10日、名古屋市内で記者会見し、昨年4位で23歳の清田真央(スズキ浜松AC)は、日本陸連が定めた派遣設定記録の2時間22分30秒を目標タイムに掲げ「最後の最後まで粘りたい」と力強く抱負を語った。

 昨年5位で22歳の岩出玲亜(ノーリツ)は「コンディションは問題ない。目標は日本人トップでゴールすること」と意気込んだ。3連覇が懸かる優勝候補のユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)は「コースレコードを更新したい」と話した。

  • 名古屋ウィメンズマラソンを前に記者会見する清田真央=名古屋市内のホテル
  • 名古屋ウィメンズマラソンを前に記者会見でポーズをとる(左から)桑原彩、竹地志帆、清田真央、岩出玲亜、ユニスジェプキルイ・キルワ、石井寿美、加藤麻美=名古屋市内のホテル
今、あなたにオススメ
Recommended by