2017.3.6 05:01

井上&川内が世界選手権代表入り決定的 3枠目は中本が有力/マラソン

井上&川内が世界選手権代表入り決定的 3枠目は中本が有力/マラソン

 びわ湖毎日マラソン(5日、大津市皇子山陸上競技場発着)世界選手権(8月、ロンドン)男子代表最終選考会を兼ねた大会。リオデジャネイロ五輪代表の佐々木悟(31)=旭化成=が2時間10分10秒で日本勢最高の4位に入ったが、代表入りは厳しくなった。

 世界選手権代表選考会の国内選考レースが終わり、東京マラソンで8位の井上と福岡国際で3位だった川内優輝(30)=埼玉県庁=は代表入りが決定的となった。2時間10分10秒の佐々木はアピールに乏しく、残る1枠を巡っては別府大分毎日を制した中本健太郎(34)=安川電機=が有力。選考会を総括した日本陸連の瀬古マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「井上は世界陸上は堅い。川内は外国人選手と渡り合った」と評価した。

 中本と比較されるのが、東京で2時間9分12秒で日本勢2位に入った山本浩之(30)=コニカミノルタ。瀬古リーダーは「優勝は価値がある。(中本は代表入りに)有力であると思う」との見解を示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by