2017.2.27 05:02

キプサング、日本国内最高タイムで初V「素晴らしいレースができた」/マラソン

キプサング、日本国内最高タイムで初V「素晴らしいレースができた」/マラソン

国内最高記録で優勝したウィルソン・キプサング(代表撮影)

国内最高記録で優勝したウィルソン・キプサング(代表撮影)【拡大】

 東京マラソン(26日、東京都庁前-東京駅前=サンケイスポーツほか後援)前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が、日本国内最高タイムの2時間3分58秒で初優勝した。

 35キロ手前から独走したキプサングは世界最高(2時間2分57秒)こそ逃したが、2009年福岡国際でツェガエ・ケベデ(エチオピア)がマークした2時間5分18秒を超える日本国内最高タイムで制した。「素晴らしいレースができた」と喜んだ。ケニアではホテルを経営する。国会議員に立候補する計画もあるというが、競技への情熱は衰えない。2012年ロンドン五輪は3位。東京五輪へ向け「五輪で戻ってきて、金メダルを持ち帰りたい」とほほ笑んだ。

  • 男子マラソンで上位独占のケニア勢。(左から)1位のウィルソン・キプサング、3位のディクソン・チュンバ、2位のギデオン・キプケテル=東京駅前(撮影・今野顕)
  • マラソン男子先頭で丸の内仲通りを通過するウィルソン・キプサング=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • 男子マラソンで優勝のゴールをするウィルソン・キプサング=東京駅前(撮影・今野顕)
今、あなたにオススメ
Recommended by