2017.2.26 23:05

原沢、リオ銀の貫禄見せる3試合一本勝ち/柔道

原沢、リオ銀の貫禄見せる3試合一本勝ち/柔道

 柔道のグランプリ大会最終日は26日、ドイツのデュッセルドルフで男女5階級が行われ、男子100キロ超級でリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)と影浦心(東海大)が決勝に勝ち進んだ。原沢は五輪後初の実戦。

 男子100キロ超級でリオ五輪銀メダルの原沢が危なげなく決勝に進出した。東京五輪への出発点となる大会には「もっともっと強くならなければいけない」という気持ちで臨んでいる。3試合に一本勝ちし、貫禄を見せつけた。

 影浦は準決勝でリオ五輪100キロ級金メダルのクルパレク(チェコ)に一本勝ちし、思わずガッツポーズが出た。21歳の新鋭は勢いに乗って勝ち上がった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by