2017.2.26 19:05

女子も野口みずきマークの国内最高記録破られる/マラソン

女子も野口みずきマークの国内最高記録破られる/マラソン

 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の東京マラソンは26日、東京都庁前から東京駅前にゴールする新コースで行われ、女子のサラ・チェプチルチル(ケニア)も国内最高の2時間19分47秒で制した。日本勢は藤本彩夏(京セラ)の2時間27分8秒の4位が最高だった。

 女子も、2003年に野口みずきがマークした2時間21分18秒の国内最高記録が破られた。自己ベストを4分26秒も更新する2時間19分47秒で走ったチェプチルチルは「記録、走りともにとても満足。高地トレーニングが成功した」と喜んだ。

 昨年から本格的にマラソンに転向したという32歳。「ペースメーカーが離れてからタイムを伸ばすつもりでスピードを上げた」という。30キロを過ぎてから3人の先頭集団を飛び出し、狙い通りに栄冠を勝ち取った。

藤本彩夏の話「タイムはそれなりに満足。高校の時に走ってはいたが、ほぼ初マラソンで、失うものはないという気持ちだった。世界で戦うのが目標。そこに向けて頑張っていく」

今、あなたにオススメ
Recommended by