2017.2.26 18:49

山本、日本人2位も8分台に届かず「悔しいのが一番」/マラソン

山本、日本人2位も8分台に届かず「悔しいのが一番」/マラソン

 東京マラソン(26日、新宿・東京都庁前~東京駅前) 日本男子の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねて行われ、井上大仁(24)=MHPS=が2時間8分22秒で日本勢最高の8位に入った。前世界記録保持者ウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が2時間3分58秒で初優勝。2009年の福岡国際でツェガエ・ケベデ(エチオピア)がマークした2時間5分18秒を超える日本国内での最高記録となった。

 山本は自己ベストの2時間9分12秒で日本勢の2位に入った。ただ日本人トップと8分台のタイムを目指していただけに「悔しいのが一番」と満足していなかった。

 昨年11月のニューヨークシティー・マラソンで4位に入り自信をつけて臨んだ今大会。30キロ以降で仕掛けようと狙っていたそうだが「前半で小刻みにアップダウンがあって意外と脚を使ってしまった」と伸びを欠いた。

今、あなたにオススメ
Recommended by