2017.2.26 13:55

【レース後一問一答】井上、設楽悠太に「ここで離れてくれという気持ちでスパートをしかけた」

【レース後一問一答】

井上、設楽悠太に「ここで離れてくれという気持ちでスパートをしかけた」

男子マラソンで日本人1位の井上大仁=東京駅前(撮影・今野顕)

男子マラソンで日本人1位の井上大仁=東京駅前(撮影・今野顕)【拡大】

 東京マラソン(26日、新宿・東京都庁前~東京駅前) 日本男子の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねて行われ、井上大仁(24)=MHPS=が2時間8分22秒で日本勢最高の8位に入った。前世界記録保持者ウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が2時間3分58秒で優勝した。

--レースの感想は   「日本人トップという結果は自信になる。キプサング選手との差は、自分と世界との差」

--設楽悠太にはどの辺りで追いつけると確信したのか

 「30キロあたりから沿道から詰まってきているぞと声をかけられて、これはいけると思った」

--前回のフルマラソンとの違いは

 「前回はすごく準備不足だったと痛感した。マラソンは練習でやった分しか走れない。練習がしっかりできていれば結果に結びつくと信じて距離と質を落とさないようにできた。粘って後半追い上げることができた」

--新コースの印象は  「雰囲気がよかった。東京マラソンは大きな試合で違う。スピードが乗りやすかった」

--設楽悠太との駆け引きは

 「最後まで粘れば勝てると思った。正直な気持ち、ここで離れてくれという気持ちでスパートをしかけた。絶対につかせない気持ちで走った」

--今後の課題は

 「地力を上げていかないといけない。ここで満足せず、世界選手権の代表に選んでもらえるなら経験を積むだけでなく、現状の段階でできることをやって戦いたい」

  • 日本人トップの4位でゴールした藤本=東京都千代田区(撮影・山田俊介)
  • 日本人3位の11位でゴールした設楽悠太=東京都千代田区(撮影・山田俊介)
  • マラソン女子で4位でゴールする藤本=東京駅前(撮影・今野顕)
  • マラソン男子で11位でゴールする設楽=東京駅前(撮影・今野顕)
  • 丸の内仲通りを通過する設楽悠太=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • 男子マラソンで優勝のゴールをするウィルソン・キプサング=東京駅前(撮影・今野顕)
  • 丸の内仲通りを通過する藤本彩夏=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • 丸の内仲通りを通過するサラ・チェプチルチル=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • 丸の内仲通りを通過する井上大仁=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • マラソン男子先頭で丸の内仲通りを通過するウィルソン・キプサング=東京都千代田区(撮影・川口良介)
  • 男子マラソンで上位独占のケニア勢。(左から)1位のウィルソン・キプサング、3位のディクソン・チュンバ、2位のギデオン・キプケテル=東京駅前(撮影・今野顕)
今、あなたにオススメ
Recommended by