2017.2.25 10:31

磯田、優勝に一歩届かず「焦ってしまった」/柔道

磯田、優勝に一歩届かず「焦ってしまった」/柔道

 柔道のグランプリ大会第1日は24日、ドイツのデュッセルドルフで男女計5階級が行われ、男子66キロ級の磯田範仁(国士舘大)はジョージア選手との決勝で延長の末に敗れ、準優勝だった。

 男子66キロ級の磯田は優勝に一歩届かず「決勝で負けたので悔しい」と残念がった。決勝は相手の得意技に対処していたが、延長戦の開始直後に投げ技で技ありを奪われ「自分も早くポイントを取ろうと焦ってしまった」と敗因を挙げた。

 それでも決勝までは寝技を軸に底力を発揮。「自分の得意の寝技で勝ち上がっていけたのは収穫」と手応えも口にした。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by