2017.2.25 10:22

渡名喜、全試合一本勝ちでV「自分の柔道ができた」/柔道

渡名喜、全試合一本勝ちでV「自分の柔道ができた」/柔道

柔道のグランプリ大会の女子48キロ級で優勝し、記念写真に納まる渡名喜風南(中央)=デュッセルドルフ(共同)

柔道のグランプリ大会の女子48キロ級で優勝し、記念写真に納まる渡名喜風南(中央)=デュッセルドルフ(共同)【拡大】

 柔道のグランプリ大会第1日は24日、ドイツのデュッセルドルフで男女計5階級が行われ、女子48キロ級で21歳の渡名喜風南(帝京大)は、決勝でフランス選手を抑え込んで制覇した。

 女子48キロ級の渡名喜は全4試合を一本勝ちで制し「結構動けていた。自分の柔道ができた」と優勝に満足そうだった。ヤマ場とみていた準決勝は苦手なタイプの選手に反則勝ち。決勝も得意の寝技に持ち込み、わずか53秒で勝利した。

 次の目標は今夏の世界選手権(ブダペスト)の最終選考会を兼ねた4月の全日本選抜体重別選手権。2015年世界ジュニア選手権で優勝した21歳の実力者は「世界選手権に向けても絶対に勝たないといけない」と早くも気を引き締めた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by