2017.2.19 14:31

岡田、3連覇も複雑「去年と全く同じタイム…成長は感じているが悔しい」/陸上

岡田、3連覇も複雑「去年と全く同じタイム…成長は感じているが悔しい」/陸上

トップでゴールする岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)

トップでゴールする岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)【拡大】

 陸上の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねた日本選手権20キロ競歩は19日、神戸市六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、女子は岡田久美子(ビックカメラ)が3年連続で優勝した。

 女子のリオデジャネイロ五輪代表の岡田は3連覇を果たしたが、目指した派遣設定記録には25秒及ばなかった。「去年と全く同じタイム。成長は感じているが、ちょっとずつ。悔しい」と複雑な思いだった。

 他選手との力量差は明らかで、中盤は男子選手のリズムを生かした。風も強まった残り5キロで完全な一人旅になると「(リズムを)刻むのが難しくなった」。

 今大会では世界選手権代表に決まらなかった。「選んでいただいたら力を発揮したい」と先を見据えた。

  • トップでゴールする岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)
  • 力強く周回する岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)
  • 力強く周回する岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)
  • 力強く周回する岡田久美子(手前)=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)
  • 表彰式で笑顔を見せる岡田久美子=六甲アイランド甲南大学周辺コース(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by