2017.2.16 12:12

国際バイアスロン連合、カザフ代表全選手が陰性と発表

国際バイアスロン連合、カザフ代表全選手が陰性と発表

 国際バイアスロン連合(IBU)は15日、カザフスタン代表に行っていたドーピング検査の結果、全選手が尿、血液とも陰性反応だったと発表した。

 カザフスタン代表は、1月に注射針などを入れて廃棄された段ボールとの関連疑惑が浮上。世界選手権開幕前日の今月8日にオーストリアの警察当局が宿舎を捜索した。これを受け、IBUがオーストリアの反ドーピング機関に検査を命じていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by