2017.2.16 18:52

荻原健、8位入賞に笑顔「最後まで諦めずに滑ることができて良かった」/国体

荻原健、8位入賞に笑顔「最後まで諦めずに滑ることができて良かった」/国体

成年男子B複合で8位に入賞し、賞状を手に笑顔の長野の荻原健司=白馬クロスカントリー競技場

成年男子B複合で8位に入賞し、賞状を手に笑顔の長野の荻原健司=白馬クロスカントリー競技場【拡大】

 国民体育大会冬季大会スキー競技会第3日は16日、長野県白馬村の八方尾根スキー場などで行われ、ノルディック複合の成年男子Bで五輪金メダリストの47歳、荻原健司(長野・北野建設)が8位に入賞した。前半飛躍で11位と出遅れたが、後半の距離で順位を上げた。「きつかった。最後まで諦めずに滑ることができて良かった」と笑顔で汗を拭った。

 メダルを期待されながら4位に終わった1998年長野冬季五輪と同じ舞台で、年齢に負けない力強い動きを見せた。「ここで競技ができる幸せを感じた。五輪を思い出させてくれた」と感慨深そうだった。

今、あなたにオススメ
Recommended by