2017.2.16 18:45

アルペン少年女子は片桐V 複合成年男子は清水が制する/国体

アルペン少年女子は片桐V 複合成年男子は清水が制する/国体

少年女子大回転 優勝した北海道の片桐麻海=八方尾根スキー場

少年女子大回転 優勝した北海道の片桐麻海=八方尾根スキー場【拡大】

 国民体育大会冬季大会スキー競技会第3日は16日、長野県白馬村の八方尾根スキー場などで行われ、大回転で争うアルペンの少年女子は片桐麻海(北海道・北照高)が1分24秒77で優勝した。

 複合の成年男子Aは清水亜久里(新潟・ユーグレナ)が制した。前半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)の4位から、トップと1分差で出た後半距離(10キロ)で逆転した。少年男子は飛躍で2位につけた木村吉大(秋田・花輪高)が距離で逆転して優勝。成年男子Bは湊祐介(秋田・東京美装)が勝った。

 クラシカル走法の距離5キロの成年女子Aは土屋正恵(岩手・日大)が16分4秒0で優勝。同Bは小林由貴(岐阜・岐阜日野自動車)が制し、少年女子は小林千佳(長野・飯山高)、成年男子Cは五輪3大会代表の恩田祐一(新潟・アークコミュニケーションズ)が勝った。

  • 少年女子大回転優勝した北海道の片桐麻海=八方尾根スキー場
  • 複合成年男子Aで優勝した新潟・清水亜久里(手前)の後半距離=白馬クロスカントリー競技場
今、あなたにオススメ
Recommended by