2017.2.16 17:30

沙羅、W杯歴代最多タイ通算53勝!平昌五輪テスト大会で快挙達成/ジャンプ

沙羅、W杯歴代最多タイ通算53勝!平昌五輪テスト大会で快挙達成/ジャンプ

優勝を決め通算53勝の高梨沙羅=韓国・平昌(撮影・納冨康)

優勝を決め通算53勝の高梨沙羅=韓国・平昌(撮影・納冨康)【拡大】

 ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第18戦(16日、韓国・平昌) 平昌五輪のテスト大会を兼ねて行われ、高梨沙羅(20)=クラレ=は99・5メートル、97・0メートルの合計215・1点で今季9勝目を挙げ、ジャンプの男女を通じて歴代最多タイの通算53勝を達成した。伊藤有希(22)=土屋ホーム=は90・0メートル、111・0メートルの合計213・6点で2位だった。

 高梨は15日の個人第17戦で2位に入り、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)に並ぶ大記録到達は持ち越しとなったものの、2試合を残して2季連続4度目の個人総合優勝を確定。複合で3度頂点に立った荻原健司を抜いてスキーの日本勢単独最多となった。伊藤が今季、通算とも4勝目を挙げていた。

高梨沙羅の話「(最多に並ぶ通算53勝は)とても自信になった。ただ、やっぱり(男子とは)舞台が違うのでレベルも違うし、一概にそれがすごいことなのかと自分の中でも複雑。それでも、こういう記録を出せたのは自信になる」

伊藤有希の話「2回ともいい内容だった。それでも(優勝に)届かないのは実力がまだまだということ。次の世界選手権に向けて、しっかり調整したい」

勢藤優花の話「(一部)トップ選手が来ていない大会で200点を超えられなくて5位だったのはすごく悔しいけど、いいイメージを持ってできた」

岩渕香里の話「条件が良くなくて、ジャンプもタイミングを外していた。どんな風でもやることは変わらない。まだまだだった」

山田いずみコーチの話「(高梨は)ジャンプとしてはまずまずだが、勝つことに意義がある。平昌で54勝までいくかと思ったが、まずは53勝目を達成できてよかった。一つのプレッシャーから解放されたと思う」

  • 優勝を決め通算53勝の高梨沙羅=韓国・平昌(撮影・納冨康)
  • 1本目を飛ぶ高梨沙羅=韓国・平昌(撮影・納冨康)
  • 優勝を決め通算53勝の高梨沙羅。左は2位の伊藤有希=韓国・平昌(撮影・納冨康)
  • 1本目を飛ぶ伊藤有希=韓国・平昌(撮影・納冨康)
  • 1本目を飛ぶ伊藤有希=韓国・平昌(撮影・納冨康)
  • 優勝を決め通算53勝の高梨沙羅。左は2位の伊藤有希=韓国・平昌(撮影・納冨康)
今、あなたにオススメ
Recommended by