2017.2.16 17:35

ペアSPは須藤、ブドローオデ組が10位/フィギュア

ペアSPは須藤、ブドローオデ組が10位/フィギュア

ペアSPで演技する須藤(右)、ブドローオデ組=江陵(共同)

ペアSPで演技する須藤(右)、ブドローオデ組=江陵(共同)【拡大】

 来年の平昌冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケートの四大陸選手権は16日、韓国の江陵アイスアリーナで開幕し、ペアSPの須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組は58・14点で10位、須崎海羽、木原龍一組(木下ク)は50・48点で12位だった。(共同)

須崎海羽の話「気持ちが良かった。(木原に空中に放り投げられるジャンプで着氷が乱れた)スロー3回転サルコーは練習でも良くなくて、自信が足りなかった。フリーでは自分たちの今のベストを尽くせるようにしたい」

須藤澄玲の話「とても大きな会場で、ここで滑れて誇りに思う。今シーズンの中で1番のSPができた。フリーはSPと同様、練習してきたことを思い切って発揮できるように頑張りたい」

木原龍一の話「2人とも調子が上がっていなかったので、どうなるかと思っていた。一つ一つの(要素の)質には満足していないが、大きなミスはそんなになかった。2人のベースが上がったと思う」

  • ペアSPで演技する須崎(上)、木原組=江陵(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by