2017.2.5 05:01

天龍、自身ドキュメンタリー映画に大喜び「あの世へ行ったら自慢」

天龍、自身ドキュメンタリー映画に大喜び「あの世へ行ったら自慢」

ナレーションを担当した染谷将太(左)は、憧れの天龍源一郎に会えて感激=東京・新宿

ナレーションを担当した染谷将太(左)は、憧れの天龍源一郎に会えて感激=東京・新宿【拡大】

 元プロレスラーの天龍源一郎氏(67)が4日、東京都内で行われた自身のドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」(川野浩司監督)の初日舞台あいさつに参加した。

 2015年2月の引退発表会見から11月の引退試合までを追った作品で「あの世へ行ったら、ジャイアント馬場さんとジャンボ鶴田さんに自慢したい」と大喜び。かつて米プロレス団体WWEの試合会場で米大統領就任前のドナルド・トランプ氏(70)に会ったことも告白。当時は快く写真撮影に応じてくれたといい、「今は日本のことをどうだこうだと言いやがるけど」と苦笑した。

  • 初日舞台挨拶に登壇した天龍源一郎
  • ナレーションを担当した染谷将太は、憧れの天龍源一郎に会えて感激=東京・新宿
  • 初日舞台挨拶に登壇した左から染谷将太、天龍源一郎、川野浩司監督
  • ドキュメンタリー映画「LIVEFORTODAY-天龍源一郎-」の初日舞台あいさつに参加した左から染谷将太、天龍源一郎、川野浩司監督
今、あなたにオススメ
Recommended by