2017.2.5 14:29

神野が日本人トップ5位、大迫は6位 丸亀国際ハーフマラソン

神野が日本人トップ5位、大迫は6位 丸亀国際ハーフマラソン

日本人トップの5位でゴールする神野大地=香川県丸亀市のPikaraスタジアム(撮影・二星昭子)

日本人トップの5位でゴールする神野大地=香川県丸亀市のPikaraスタジアム(撮影・二星昭子)【拡大】

 陸上の香川・丸亀国際ハーフマラソンは5日、丸亀市のPikaraスタジアム発着で行われ、男子は神野大地(コニカミノルタ)が1時間1分4秒で日本人トップの5位に入った。大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)は、神野から9秒遅れの6位。カルム・ホーキンス(英国)が1時間0分0秒で優勝した。

 女子はリオデジャネイロ五輪マラソン銀メダルのユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が1時間8分7秒で2連覇し、日本勢トップは1時間11分4秒で3位の松崎璃子(積水化学)。3秒差の4位で清水美穂(ホクレン)が続いた。

今、あなたにオススメ
Recommended by