2017.1.30 05:04(1/3ページ)

瀬古氏、『ネガティブスプリット』重友評価「願いどおり」/マラソン

瀬古氏、『ネガティブスプリット』重友評価「願いどおり」/マラソン

35.5キロ付近で堀江(右)をかわし、トップに出る重友(左)。ネガティブスプリットが奏功した(撮影・甘利慈)

35.5キロ付近で堀江(右)をかわし、トップに出る重友(左)。ネガティブスプリットが奏功した(撮影・甘利慈)【拡大】

 大阪国際女子マラソン(29日、ヤンマースタジアム長居発着)昨年11月にマラソン強化戦略プロジェクトリーダーに就任した瀬古利彦氏(60)は、優勝した重友に対して「我々が設定したネガティブスプリットに近い走りを見せてくれた」と一定の評価を示した。自身が打ち出した“世界基準走法”がまずは順調に滑り出した形だ。

【続きを読む】

  • 35キロ付近、トップの堀江美里(右)に迫る重友(左)
  • 会見する、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
  • 一斉にスタートし、第1コーナーを通過する重友梨佐(手前)ら選手たち=ヤンマースタジアム長居(撮影・村本聡)
  • 1位でゴールする重友梨佐=ヤンマースタジアム長居(撮影・寺口純平)
  • 1位でゴールする重友梨佐=ヤンマースタジアム長居(撮影・志儀駒貴)
  • 1位でゴールする重友梨佐=ヤンマースタジアム長居(撮影・志儀駒貴)
  • 1位でゴールした重友梨佐(中)。右は小原怜=ヤンマースタジアム長居(撮影・寺口純平)
  • 大阪国際女子マラソン歴代優勝者
  • 大阪国際女子マラソン・ペース比較
今、あなたにオススメ
Recommended by