2017.1.30 05:03(1/2ページ)

魔さかの失速…竹中、力尽き6位「変化に対応できませんでした」/マラソン

魔さかの失速…竹中、力尽き6位「変化に対応できませんでした」/マラソン

ゴール後、倒れ込んだ竹中。6位に終わった(撮影・宮沢宗士郎)

ゴール後、倒れ込んだ竹中。6位に終わった(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 大阪国際女子マラソン(29日、ヤンマースタジアム長居発着)竹中は2時間28分44秒とふるわず、6位に終わった。

 力尽きた。ゴール直後、美白ランナーは崩れるように倒れ込んだ。2時間28分44秒。「最低でも日本人トップで!」と意気込んだ竹中の4度目のフルマラソンは、猛省の6位に終わった。

 「10キロ過ぎからペースが速くなったときに、ついて行けなかった。自分のペースで…と思ったけど、練習量が足りなかったのかもしれません」

 最初の5キロは17分21秒。大会側が設定したペースより10秒以上遅かった。3位に入った昨年は優勝した福士加代子(ワコール)の超ハイペースに25キロ過ぎまで食らいついた。ことしはスローペース。それでも、先頭集団が急にギアを上げた15キロ付近で早くも足取りは重くなった。

【続きを読む】

  • スタートする竹中理沙、加藤岬(右奥)、堀江美里(左)ら=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・寺口純平)
今、あなたにオススメ
Recommended by