2017.1.30 05:01

【増田明美の目】重友さんは踏まれてもはい上がってくる日本タンポポのよう

【増田明美の目】

重友さんは踏まれてもはい上がってくる日本タンポポのよう

 大阪国際女子マラソン(29日、ヤンマースタジアム長居発着)重友さんのレースを見て、春のタンポポのような人だと感じました。背の高い西洋の品種ではありません。踏まれても、踏まれてもはい上がってくる日本タンポポのよう。厳しい武冨総監督の指導の下、数々の故障を乗り越えた復活劇に胸を打たれました。

 けがの影響もあり、30キロまでしか練習できなかったそうですが、これまで練習をやり過ぎていたのかもしれません。身体もできあがっていて、レース経験も豊富。コツコツ型の人がやっと自分に適した練習量をみつけたのではないでしょうか。前半遅めにペース設定されたことも、幸いしました。ペースアップしたときに自重し、後半勝負に懸けたのも冷静な判断でした。

 大会前は加藤さんや竹中さんが注目されましたが、重友さんの勝利を見るとマラソンって簡単じゃないんだなと改めて思いました。練習の積み重ねや、気持ちの強さは本当に大切。一番悔しい思いを経験した人が最後に勝ちました。臥薪嘗胆という言葉が一番似合うような昭和の女タイプですが、まだ29歳。2020年は脂の乗り切った状態で迎えることができます。東京五輪で満開のタンポポを咲かせてほしい。(スポーツジャーナリスト、1984年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表)

今、あなたにオススメ
Recommended by