2017.1.29 15:41

小原怜、Vも反省「8分台を出していかないと」 大阪ハーフマラソン

小原怜、Vも反省「8分台を出していかないと」 大阪ハーフマラソン

1位でゴールする小原怜=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・彦野公太朗)

1位でゴールする小原怜=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 陸上の大阪ハーフマラソンは29日、大阪市の大阪城公園からヤンマースタジアム長居までのコースで行われ、女子は小原怜(天満屋)が1時間10分2秒で優勝した。2位には52秒差で渡久地利佳(ルートインホテルズ)が入った。

 小原は「8分台を出していかないと」と反省しきり。3月には名古屋ウィメンズに出場予定。昨年のウィメンズでは3位に終わり、惜しくもリオデジャネイロ五輪出場を逃した。「どんなレース展開になっても、(2時間)22、23分を狙って上を目指したい」と語った。

  • 1位でゴールする小原怜=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・志儀駒貴)
  • 重友梨佐と小原怜(左)=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(撮影・宮沢宗士郎)
今、あなたにオススメ
Recommended by