2017.1.28 05:01

加藤岬、『東京』へ1歩「最低でも2時間25分を切れるように」/マラソン

加藤岬、『東京』へ1歩「最低でも2時間25分を切れるように」/マラソン

大阪国際女子マラソンを前に、記者会見する加藤岬=27日、大阪市

大阪国際女子マラソンを前に、記者会見する加藤岬=27日、大阪市【拡大】

 8月のロンドン世界陸上代表選考会を兼ねた「第36回大阪国際女子マラソン」(29日号砲、ヤンマースタジアム長居発着)の記者会見が27日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪で開かれた。

 加藤岬(九電工)はネクスト ヒロイン枠で出場した昨年は6位と健闘。「(世界選手権の)ロンドンは、東京五輪をめざすために自分の経験として絶対に行きたい」と力を込めた。そのためにも「優勝したい。最低でも2時間25分を切れるように」と目標を設定。「今年は後半(ペースを)上げていく練習してきたので、しっかり出せたら」と意気込んだ。

  • 談笑する竹中理沙(左)と加藤岬=大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪(撮影・宮沢宗士郎)
  • 大阪国際女子マラソンのコース
  • 大阪国際女子マラソンの招待選手
今、あなたにオススメ
Recommended by