2017.1.22 15:06

都道府県対抗男子駅伝は長野が3年ぶり7度目V

都道府県対抗男子駅伝は長野が3年ぶり7度目V

優勝を決めお立ち台に立つ高見沢勝監督(左)と7区の上野裕一郎=広島市中区(撮影・鳥越瑞絵)

優勝を決めお立ち台に立つ高見沢勝監督(左)と7区の上野裕一郎=広島市中区(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 第22回全国都道府県対抗男子駅伝が22日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、長野が3年ぶり7度目の優勝を果たした。

 長野は4区の本間(佐久長聖高)で首位に立つと、6区で福岡にいったんトップを譲ったが、アンカーの上野(DeNA)が逆転した。

 2位は福岡、昨年優勝の愛知が3位に入り、4位に京都が続いた。

今、あなたにオススメ
Recommended by