2017.1.14 20:46

稀勢、強烈におっつけ快勝 優勝争い意識?に「うん」/初場所

稀勢、強烈におっつけ快勝 優勝争い意識?に「うん」/初場所

栃煌山を寄り切りで下した稀勢の里(奥)=両国国技館(撮影・中井誠)

栃煌山を寄り切りで下した稀勢の里(奥)=両国国技館(撮影・中井誠)【拡大】

 大相撲初場所7日目(14日、両国国技館)稀勢の里は栃煌山を退け7戦全勝とした。立ち合いからいい流れだった。激しくぶつかり、強烈な左おっつけから一気に出て寄り切った。

 全勝は白鵬と2人だけ。昨年は69勝で年間最多勝に輝きながら賜杯を抱くことはできなかった。優勝争いを意識するかという質問には「うん」と答えただけ。素っ気ない大関だったが、土俵下で見守った友綱審判長(元関脇魁輝)は「最後まで2人でいってほしい」と期待を寄せた。

7日目結果へ中日取組へ

  • 栃煌山を寄り切りで下した稀勢の里=両国国技館(撮影・山崎冬紘)
今、あなたにオススメ
Recommended by