2017.1.13 18:00

稀勢の里と白鵬が全勝キープ 御嶽海は琴奨菊を撃破/初場所

稀勢の里と白鵬が全勝キープ 御嶽海は琴奨菊を撃破/初場所

稀勢の里(右)がきめ出しで正代を下す=両国国技館(撮影・中井誠)

稀勢の里(右)がきめ出しで正代を下す=両国国技館(撮影・中井誠)【拡大】

 大相撲初場所6日目(13日、東京・両国国技館)大関稀勢の里は関脇正代をきめ出し、初日から6連勝。横綱白鵬は平幕隠岐の海を寄り倒して全勝を守った。横綱鶴竜は平幕荒鷲に寄り切られて3連敗を喫した。荒鷲は初金星。

 今場所、2つの金星を挙げている平幕御嶽海は、大関琴奨菊を寄り切って4勝2敗とした。2横綱2大関を破り勢いに乗る御嶽海は「体はしっかり動いていると思います」と冷静に振り返った。7日目は大関照ノ富士と対戦する。

 5日目まで無敗だった平幕の3力士が敗れ、6日目を終えて勝ちっ放しは白鵬、稀勢の里の2人だけとなった。

八角理事長(元横綱北勝海)「(横綱として最多出場に並んだ)白鵬は素晴らしい。稽古の時も土俵に入る前に必ずよく動いている。動くのがつらい日もあるだろうが、気力が粘り強い。玉鷲は後手に回った。押し相撲は立ち合いが大事」

6日目結果へ7日目取組へ

  • 御獄海(左)が寄り切りで琴奨菊を下す=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 琴奨菊を寄り切りで破った御獄海=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 白鵬(右)が寄り倒しで隠岐の海を下す=両国国技館
  • 荒鷲(左)が寄り切りで鶴竜を下す=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 日馬富士(右)が玉鷲を寄り倒しで下す=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 日馬富士(右)が玉鷲を寄り倒しで下す=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 観戦に訪れた、女子ゴルファーの比嘉真美子(左)と渡辺彩香=両国国技館(撮影・中井誠)
今、あなたにオススメ
Recommended by