2017.1.13 05:00

【藤島親方のこの一番】押し切られるわけがない…稀勢、土俵際でみせた自信

【藤島親方のこの一番】

押し切られるわけがない…稀勢、土俵際でみせた自信

 大相撲初場所5日目(12日、両国国技館 観衆=1万816)稀勢の里-御嶽海は左を差したい、差させたくない、との思いがぶつかり力相撲になった。御嶽海は右からおっつけ、稀勢の里に左を差させずに一気に勝負に出たが、土俵際で残された。脇が開いて体が起き、左が入ったことで持ちこたえた稀勢の里が最後は寄り切った。押されはしたが、押し切られるわけがないという自信があったようにも見えた。おっつけがけっこう厳しかったが引いたりせず、自然体の落ち着きを見せていた。鶴竜も2敗し、どうやら白鵬と稀勢の里のマッチレースになりそうな気配だ。昨年の年間最多勝が物語るように安定感は稀勢の里が一番だ。機は熟しすぎている。優勝、そして横綱をつかみ取るしかない。(元大関武双山)

5日目結果へ6日目取組へ

今、あなたにオススメ
Recommended by