2017.1.13 08:30

日本男子、ロシアに敗れ黒星スタート 世界選手権/ハンド

日本男子、ロシアに敗れ黒星スタート 世界選手権/ハンド

相手選手の厳しいマークを受ける信太=ナント(ロイター)

相手選手の厳しいマークを受ける信太=ナント(ロイター)【拡大】

 ハンドボール男子の世界選手権は12日、フランスのナントなどで1次リーグが行われ、A組の日本は初戦でロシアに29-39で敗れ、黒星スタートとなった。前半を15-18で折り返すと徐々に流れを引き寄せ、後半10分に24-25と迫ったが、疲労から崩れて5連続失点で突き放された。

 日本は13日(日本時間14日未明)の第2戦で前回覇者のフランスと対戦する。24チームが4組に分かれて1次リーグを戦い、各組4位までが決勝トーナメントに進む。(共同)

カルロス・オルテガ日本代表監督の話「ロシアは強かった。日本の選手は体が大きいわけでも速いわけでもないので、ボールを取るために前に出て守備をしなければならなかった。最後は疲労が出た」

ドミトリー・トルゴワノフ・ロシア代表監督の話「積極的な守備をされて苦しんだ。前半はまだ良かったが、後半の序盤は苦しく、1点差に詰め寄られてしまった。実際にはスコア以上に競っていた」

  • 初戦でロシアに敗れ、肩を落とす日本チーム=ナント(ロイター)
  • シュートを放つ東江=ナント(ロイター)
  • シュートを放つ加藤=ナント(ロイター)
今、あなたにオススメ
Recommended by