2017.1.13 16:55

沙羅、札幌W杯へ抱負「やるべきことに集中したい」/ジャンプ

沙羅、札幌W杯へ抱負「やるべきことに集中したい」/ジャンプ

特集:
高梨沙羅
W杯ジャンプ女子札幌大会を前に、記者会見で抱負を語る高梨沙羅。左は伊藤有希=札幌市

W杯ジャンプ女子札幌大会を前に、記者会見で抱負を語る高梨沙羅。左は伊藤有希=札幌市【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会(14、15日)に出場する有力選手が13日、札幌市内で記者会見し、今季6戦5勝で2季連続4度目の個人総合優勝を狙う高梨沙羅(クラレ)は「いい結果を目指して自分のやるべきことに集中したい」と抱負を語った。

 男女を通じて歴代2位の通算49勝を誇る20歳の女王は最終調整で90メートル、88メートル、85メートルとやや精彩を欠いた。「自分の思うようなジャンプができるように準備したい」と表情を引き締めた。

 個人総合2位の伊藤有希(土屋ホーム)は90メートル越えの大飛躍を連発し「(2月開幕の)世界選手権にいい弾みとなれば」と意気込んだ。2季ぶりのタイトル奪回を目指すダニエラ・イラシュコ(オーストリア)は「いいジャンプをするのが目標」と話した。

  • 記者会見を終え、ダニエラ・イラシュコ(手前)と笑顔で写真に納まる高梨沙羅(中央)と伊藤有希=札幌市
  • 公式練習でリフトに乗る高梨沙羅=宮の森
  • 公式練習で調整する高梨沙羅=宮の森
  • 公式練習で調整する伊藤有希=宮の森
今、あなたにオススメ
Recommended by