2017.1.13 05:01

五輪マスコット選考検討会議メンバーにしょこたんら決定

五輪マスコット選考検討会議メンバーにしょこたんら決定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、大会マスコットを選定する検討会議のメンバーを発表。座長を務める文化庁の宮田亮平長官(71)や、「しょこたん」ことタレントの中川翔子(31)、「妖怪ウォッチ」を生み出したゲームソフト会社レベルファイブの日野晃博社長(48)らが名を連ねた。

 17日に第1回会議を開き、選定方法を3月末までに決定。組織委によると過去に一般公募した例はあるが、IOCはデザインに求められる専門性を踏まえ「プロの作品が望ましい」としている。発表は来年以降になる見通し。

今、あなたにオススメ
Recommended by