2017.1.13 05:00

興毅氏、トレーナーで和毅支える!「長嶋監督みたいに常勝目指す」/BOX

興毅氏、トレーナーで和毅支える!「長嶋監督みたいに常勝目指す」/BOX

特集:
亀田和毅
亀田興毅
日本ボクシングコミッションでライセンス申請を行った亀田興毅氏(中央) (撮影・伊藤隆)

日本ボクシングコミッションでライセンス申請を行った亀田興毅氏(中央) (撮影・伊藤隆)【拡大】

 プロボクシングの元世界3階級王者の亀田興毅氏(30)が12日、東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)を訪れ、協栄ジムのトレーナーとしてのライセンス申請書類を提出した。近くライセンスが発効される見込みで、弟の元WBO世界バンタム級王者、和毅(25)=協栄=のチーフトレーナーを務める予定。

 一昨年10月の現役引退後、ボクシング界から距離を置いていた興毅氏が本格的に動き出した。JBCへのトレーナーライセンスの申請を終えた興毅氏は「選手としてではないが、トレーナーとして和毅と日本のリングに上がれたらうれしい」と照れくさそうに話した。

 陣営は、弟の和毅が年内にSバンタム級での世界2階級制覇を目指しており、「チーム和毅」を結成する。チーフトレーナーに就く興毅氏を中心に、ボクシングのコーチ、フィジカルトレーナーをそろえる構想。興毅氏は「チーフトレーナーは野球でいえば監督。長嶋(茂雄)監督みたいに常勝を目指します」と宣言した。

 セコンド経験がほとんどない興毅氏を“教育”するため、協栄ジム主催の試合で経験を積ませ、今春に計画される和毅の国内復帰戦で本格デビューさせる方向だ。興毅氏は「選手ではなくトレーナーのビデオを見て勉強していきたい」と、再スタートに前向きだった。(伊藤隆)

  • 亀田和毅(右)と兄・興毅氏
今、あなたにオススメ
Recommended by