2017.1.3 19:44

順大・長門監督、復活へ手応え「ことしの箱根で2番までは見えた」/箱根駅伝

順大・長門監督、復活へ手応え「ことしの箱根で2番までは見えた」/箱根駅伝

 第93回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)往路3位と大健闘した順大は復路でも粘って4位に踏みとどまった。6、7区の1年生が流れに乗れず、6位まで順位を落としたが、8区以降の4年生の奮闘で盛り返した。10区では作田が区間賞を獲得。就任1年目の長門監督は「後半勝負は狙い通り」とうなずき、作田は「満足はしていないけど、及第点はつけられる」と笑みを浮かべた。

 4連覇を含めて箱根制覇は通算11度。昨年は6位に入り、3年ぶりにシードに復帰した。今回はさらに順位を上げ、強豪復活への足場を築いた。監督は「ことしの箱根で2番までは見えた気がする。早ければ来年、優勝争いを演じたい。きっかけはつかめた」と手応えをのぞかせた。

今、あなたにオススメ
Recommended by