2017.1.1 19:22

コニカミノルタ・神野、後半に脇腹痛で区間7位「悔しさ残る」/駅伝

コニカミノルタ・神野、後半に脇腹痛で区間7位「悔しさ残る」/駅伝

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに37チームが参加して行われ、旭化成が4時間49分55秒で18年ぶりに優勝した。トヨタ自動車九州が昨年に続いて3位に入り、コニカミノルタは5位だった。

 2012年から昨年まで優勝2度、2位が3度と安定していたコニカミノルタは5位。青学大出の新人、神野大地はエースが集まる4区を走り、区間7位だった。同じ23歳の服部(トヨタ自動車)らとの対決が注目されたが、後半に脇腹に痛みが生じたという。「1年間の努力を全部ぶつけられなかった。悔しさが残る」と唇をかんだ。

 箱根駅伝では山上りの5区で活躍し脚光を浴びた。社会人1年目のランナーは「山だけじゃないことを見せたかったけど、全く見せることができなかった」と残念そうだった。

今、あなたにオススメ
Recommended by