2016.12.26 05:01

倉敷、悲願の初V 4区・前田「2年前の失敗のリベンジできた」/駅伝

倉敷、悲願の初V 4区・前田「2年前の失敗のリベンジできた」/駅伝

歴史の扉を開けた。39度目の出場にして初優勝。ゴールテープを切った倉敷のアンカー・名合は雄たけびを上げた

歴史の扉を開けた。39度目の出場にして初優勝。ゴールテープを切った倉敷のアンカー・名合は雄たけびを上げた【拡大】

 全国高校駅伝(25日、西京極陸上競技場発着)倉敷は39度目の出場で悲願の男子初優勝を果たした。4区の前田舜平(3年)が2位から走り始めて、2秒差あった先頭の佐久長聖(長野)を逆転。最終的には1分4秒の大差をつけた。「2年前の失敗のリベンジができた」。記念大会の2年前、チームは58校中53位。1年生だった前田は1区に起用されたが、腹痛で区間56位。悔しさをバネにどん底からはい上がり、歓喜を味わった。

  • 優勝した倉敷(岡山)の7区・名合治紀(左)と勝又雅弘監督=西京極陸上競技場(撮影・甘利慈)
  • 優勝した倉敷(岡山)の(左から)1区・畝拓夢、2区・若林大輝、3区・ジョエル・ムァゥラ、4区・前田舜平、5区・畝歩夢、6区・北野大翔、7区・名合治紀、勝又雅弘監督==西京極陸上競技場(撮影・甘利慈)
  • 胴上げされる倉敷(岡山)の勝又雅弘監督=西京極陸上競技場(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by