2016.12.2 15:09

タカマツ、辛勝で準決勝進出 全日本総合選手権/バドミントン

タカマツ、辛勝で準決勝進出 全日本総合選手権/バドミントン

 バドミントン・全日本総合選手権 第4日(2日、東京・代々木第2体育館)

 各種目の準々決勝が行われた。女子複は、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)=日本ユニシス=組が、チームメートのペアに16-21、21-18、21-13で辛勝。3日の準決勝へ、辛くも駒を進めた。

 試合後、汗をぬぐりながら安堵の表情を浮かべたタカマツ。高橋は「途中まで負けてはダメだと思ってしまっていた。途中から(12月中旬の)スーパーシリーズファイナルへの課題に取り組もうと切り替えられたのがよかった」と勝因を分析。松友も「3セット目は何とか自分たちの形ができた」と振り返った。

今、あなたにオススメ
Recommended by