2016.12.2 05:03(1/2ページ)

奥原、右肩痛悪化で涙の棄権「悔しいしすごく残念」/バドミントン

奥原、右肩痛悪化で涙の棄権「悔しいしすごく残念」/バドミントン

途中棄権し、会見で涙を流す奥原。まずは治療に専念する

途中棄権し、会見で涙を流す奥原。まずは治療に専念する【拡大】

 バドミントン・全日本総合選手権第3日(1日、東京・代々木第2体育館)各種目の2回戦が行われた。女子単は、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、この大会の前年覇者でもある奥原希望(21)=日本ユニシス=が、右肩痛のため途中棄権。大粒の涙を流し、今後は治療に専念することを明かした。女子複は、同五輪金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)=日本ユニシス=組が貫禄のストレート勝利で、2日の準々決勝に駒を進めた。

【続きを読む】

  • 女子シングルスでプレーする奥原希望=代々木第二体育館
  • 女子シングルスでプレーする山口茜=代々木第二体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by