2016.12.2 19:28

“プロ内村”が始動!初練習で「やっていける」/体操

“プロ内村”が始動!初練習で「やっていける」/体操

特集:
内村航平
プロ転向後初の練習を終え、取材に応じる内村航平=2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

プロ転向後初の練習を終え、取材に応じる内村航平=2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 11月末でコナミスポーツを退社し、日本初のプロ体操選手となった内村航平が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)でプロ転向後初の練習を行った。「いろいろ考えながらできた。これからもやっていけそうな感じはあった」と新たな一歩を踏み出した心境を語った。

 これまでと違い、同僚がいない中で体を動かした。「一人(での練習)がどんな感じなのか、というのがあったけど、それほど問題はない。より自分の世界に入りやすかった」と振り返った。左肩などに故障を抱えており、トレーナーの指示を受けながら筋力強化のメニューを中心に取り組んだという。

 年明けからはジュニア時代を過ごした朝日生命の後輩、佐藤寛朗氏がコーチとして合流する予定で「お互い、よく知っている。客観的に見ないと分からないこともあるので、気付いたことを何でも言ってくれれば」と話した。

 リオデジャネイロ五輪の個人総合と団体総合で2冠に輝いた後は故障の影響で試合に出場しておらず、来年4月の全日本選手権(東京体育館)での復帰を見据えている。新たな練習拠点のNTCは通常なら週に最大4日までしか使えないが、特例で全日使用が許可されている。

今、あなたにオススメ
Recommended by