2016.12.2 14:30

内藤律樹、日本Sフェザー級王座奪還を誓う 「後半にKOを狙っていく」/BOX

内藤律樹、日本Sフェザー級王座奪還を誓う 「後半にKOを狙っていく」/BOX

 プロボクシングの日本Sフェザー級タイトルマッチの前日計量が2日、東京都内で行われ、同級王者の尾川堅一(28)=帝拳=はリミットを100グラム下回る58・8キロ、同級1位の内藤律樹(25)=E&Jカシアス=は58・9キロで一発クリアした。

 2人は昨年12月に対戦し、尾川が無敗の王者・内藤に5回2分28秒、負傷判定で勝ち、王座を奪取した。立場が入れ替わった1年ぶりの再戦に向け、尾川は「完全決着がテーマ。勝ちにこだわって、判定でもいいから勝ちたい」と王者の意地を示した。

 一方、リベンジのチャンスを得た内藤は「明日の試合ですべてを取り返す。判定(勝ち)では納得できない。スッキリ勝ちたい。後半にKOを狙っていく」と王座奪還を誓った。

今、あなたにオススメ
Recommended by